初めてのシュトーレン&放鳥

予約していたシュトーレンを受け取りました。

ドイツのクリスマスの定番お菓子らしいです。


クリスマスまでのアドベントで少しずつ食べるお菓子と聞いたので、フランスパンぐらいの大きさだと思っていました。

受け取ったのは、12〜13cm?

一度開けてしまったらクリスマス前に食べ終わってしまいそうです。

あと1週間は開けないことにしました。


コザクラインコのスイちゃんは、昨日初めての放鳥でした。

昨日まではケージを開けていても出てこないで、1羽で留守番していましたが、昨日はマーシャと一緒に出てきました。


マーシャ「まずはここを通ってみて」

セキセイとウロコインコの間を通ってみせるマーシャです。

最初から難易度高くないですか?


次は隙間を通って隠れる方法を教えているようです。

マーシャ「誰もいないのを確認するんだよ。飼い主に捕まらないように!!」

様子を見ていた母鳥のナナちゃんが、何か話しに来ました。


家族会議のようです。

ナナちゃんの長いお説教が始まりました。

ナナ「この子は手乗りなの。余計なこと教えないで!」

ナナ「だいたいマーシャは・・・・だし、・・・のマーシャは・・・・でしょ。」


マーシャ「・・・」

ナナ「スイちゃん・・・・私の方が・・・・・ってこと!!!」

ナナ「だから・・・・マーシャは・・・・・!分かった!?」


マーシャ「うん・・・」

スイちゃん「あっ、お母さんだ!」


スイちゃん、遅っ!

0コメント

  • 1000 / 1000